スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.01.07 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ミソチーの作り方 宅飲みのお供に超簡単お手軽おつまみを作ってみた

    0
      もう10年ほど前になりますかねぇ。その時住んでいた一人暮らしの部屋の近くに
      行きつけの居酒屋がありました。
      そこは創作系の料理を出す居酒屋で、店の雰囲気もスタッフさんの愛想も良くて、
      行けば楽しくなれる居酒屋だったのでよく利用させてもらいました。
      大皿料理のメニューが豊富な居酒屋で、友人との飲み会などでは丁度いい量なのですが、
      一人で行くと食べきれない事もありました。

      そんな居酒屋の、数少ない一人向けのメニューに、「ミソチー」というのがありました。
      これは、小さく賽の目にカットされたチーズなのですが、なんとも濃厚でまろやかというか、
      とてもお酒に合うおつまみでした。
      「ミソチー」の名前から何となく想像はつきますが、これ、味噌に付け込んだチーズです。

      一口食べた瞬間にとても気に入ってしまって、それからその居酒屋に行くと
      真っ先に頼むようになりました。
      ある時、ふとどうやって作っているのかを聞くと、簡単にレシピを教えてくれたんです。
      それから何度か家で作っては楽しんでいました。

      久々に思い出して作ってみました。超簡単ですが、レシピ紹介します。

      ○用意するもの
      ・チーズ
       (今回は家にあった100均のベビーチーズ。ホントはクリームチーズが良いらしい)
      ・味噌
       (家にある味噌汁に使う味噌でいいです)
      ・小ぶりのタッパー

      ミソチー1


      ○作り方
      1.チーズを5ミリ角くらいにカット

      2.タッパーに味噌を適量入れる。
        底が隠れるくらい「敷く」感じで。

      3.チーズを適当に入れる。
        あまり固まらないように。

      4.チーズが隠れるくらいまで味噌を入れる。

      5.冷蔵庫で一晩寝かせる

      これだけ。
      途中の様子はこんな感じ↓↓↓

      ミソチー2
      ↑↑↑チーズを5ミリ角に切った所
      ちょっとデカイかな……

      ミソチー3
      ↑↑↑敷いた味噌にチーズを入れた所
      (ちょっとだけ上に乗せる味噌入れちゃいました)

      ミソチー4
      ↑↑↑チーズが隠れるくらい味噌を入れた所

      手間をかけるなら、チーズを塊のままガーゼに包んで味噌に漬け込むと良いらしいです。
      取り出してガーゼを外せばチーズには味噌がつかないので。

      そして、一晩寝かせて取り出したのが、こちら↓↓↓

      ミソチー5

      味噌の塩分がしみ込んでちょっと色が濃くなっています。
      見た目からちょっと「良い感じのつまみ」って感じしませんか?
      ちょっと味噌がついていますが、それも味という感じで。
      漬け込む時間が長くなると味が濃くなってくると思います。お好みですが、ボクは2日目くらいの
      濃さが好きです。

      食べてみました。

      美味い! 美味いですよこれ!!

      晩酌のお供にホント、最適だと思います。

      超簡単に作れるので、ぜひお試しアレ!


      父ちゃんの肉じゃが。家庭料理の代表はお父さんにも作れるんです。

      0

        土日の夕飯のどちらかでもお父さんが作ると家族にモテます。
        平日は忙しいお父さんも、休みの何回かに1回、キッチンに立つと家族みんなが
        ちょっとだけ幸せになるんです。
        最近は料理をするお父さんも多くなってきていると思います。
        でも、ボクと同じかそれよりちょっと上の世代の方々はやっぱりまだ料理をするって事
        自体が日常的ではのではないかと思います。
        でも、ぜひキッチンで包丁を取って下さい。

        という事で、今回は父ちゃんが家族にモテる肉じゃがの作り方をご紹介します。
        グラムでキッチリやるよりざっくりした方が実は美味しいと思うので、
        量はざっくりでご紹介します。

        まずは材料から。

        ☆具
        ・お肉(牛肉か豚肉。塊じゃなくて、薄く切ってあるヤツがいいです)
        ・玉ねぎ(大き目1〜2個くらい)
        ・ジャガイモ(大き目3個、小さ目2個くらい)
        ・シラタキ、糸こんにゃく系(お好みで。ウチは入れません)

        ☆調味料
        ・ダシ(粉末タイプので良いです。
            水の量によって違いますが、スティックタイプ1本くらいで)
        ・みりん(これも水の量によって違いますが、醤油と同量で)
        ・醤油(みりんと同量)
        ・砂糖(これもやっぱり水の量によって違いますが、みりんの半分くらいを目安に)


        そして、作り方。
        1.材料の下ごしらえ
         ○お肉編
          ・一口大に切る!
           (スーパーの狎擇衢遒箸掘匹覆蕁半分か1/3くらいで)

         ○玉ねぎ編
          ・皮をむく!
          ・縦に半分にする!
          ・お尻(根っこの方)の年輪が集まっている風のところに三角に切り込みを入れて取る!
          ・それぞれ半円の中心に向って1/4にして、それを横に半分にする!

         ○ジャガイモ編
          ・洗って土を落とす!
          ・皮をむく!(今は爛圈璽蕁次匹箸いθ蕕爐器があるのでそれを使うと楽です)
          ・芽が出ていたら芽の痕跡がなくなるまでほじる!
          ・大体1/4くらいの大きさにする!
           (ジャガイモ自体の大きさにかかわらず1/4でいいと思います。面倒なので)

        2.鍋に具を入れて水を入れて煮始める
         ・ジャガイモと玉ねぎを先に入れて、そこに水を入れる!
          (野菜がちょうど水没するくらいで良いと思います。
         ・ここで火を入れる! 強火!
         ・そこに肉を適当に広げながら投入!
         ・沸騰するまでちょっと様子見!

        3.調味料を投入して味見する
         ・沸騰したら中火に落とす!
         ・ダシ投入!
         ・砂糖投入!
         ・みりん投入!
         ・醤油投入!
         ・おたまでクルクルっと優しくかき混ぜる!
         ・味をみる!
          小皿に汁を取って味見します。
          しょっぱいなと思ったらみりんを、甘いなと思ったら醤油をちょっとずつ追加。
          ここだ! と思った所で止めていいのですが、足して〜足して〜とやっていると、
          濃い味になってしまうので、そういう時は水を加えます。

         ☆ここで家族に味見してもらって意見をもらう事をおススメします。
          「マズッ!」と言われる事はないと思いますが、勇気をもって味見してもらって下さい。
          そして「美味しい!」と言ってもらえた時の喜びを味わってください。

        で、そんな感じで作った今日の晩御飯がこちら。



        ご飯も味噌汁もボクが作りました。
        まぁ、見た目は「父ちゃんの料理」って感じですが、家族は美味いと言ってくれました。
        たまの休みのお父さんの料理はみんな幸せになりますよ。
        お試しあれ!

         


        冷蔵庫の魔物の出現を抑える。簡単真空パック フードセーバー!

        0
           普段、世のお父さん方は冷蔵庫の中身を見る機会ってそれほど多くないんじゃないかなぁと思います。
          かくいうボクも、大抵大好きなコーラを取り出す時か、微妙にお腹が減ってベビーチーズのストックから一個取り出す時くらいしかないんです。
          でも、冷蔵庫には魔物が潜んでいる事が時々あるんです。

          冷蔵庫の魔物。それは……
          ・安売りで普段より多く買ってきたけど、調理で使いきれず鮮度が落ちてしまったお肉。
           変色してる……

          ・詰め放題で頑張って詰めたけど、詰められた事で満足してしまって放置された野菜。
           ちょっと溶けてる……

          ・おかずにはお肉が多いけどたまには魚も食べなきゃね、と言って買ってきたけど、
           やっぱりお肉大好きだから放置された鮭の切り身……
           アレ? ちょっと白いのは塩が浮き出たの? それともカビ……?

          ラップで包んである程度長持ちさせる事は出来ても、その食材の存在自体を忘れちゃうとそれらの食材は冷蔵庫の奥底で魔物と化している事があります。
          ボクの嫁はそれを結構な頻度でやらかします。
          たまの休みに「料理するぞー!」と気合を入れて冷蔵庫を開けるとゲンナリする事が何度かありました。お恥ずかしい話ですけど。

          そんな中、夜中の通販番組を見ていたら、こんなのやってました。
          ↓↓↓↓↓↓



          食材を真空パックして鮮度を保つという便利アイテム。その名もフードセーバー
          真空パックって、家庭でできるものじゃないと思っていました。
          せいぜい、口をジッパーで閉じられる袋を使って一生懸命人力で空気を抜く程度だと。
          でも、フードセーバーなら自宅で真空パックができる!
          CMで見た限りではギューンっと空気が抜けて、ピッタリパックされています。
          単純に、やってみたい(笑)
          これがあれば、冷蔵庫に魔物はやってこなくなりますよね。
          父ちゃんの気まぐれ料理の時もゲンナリしなくて済みそうです。

          あと、CMでは浅漬けが簡単に出来る! 的なことも言ってました。
          これって、最近フジテレビのアイアンシェフって番組で「真空調理機」(?)とか言って使われてたのと同じように見えますね。
          アイアンシェフでは、真空にすることで食材に味が一瞬でしみ込むと言っていました。
          それはホントに瞬間的に空気が抜けているようだったので、このフードセーバーとは
          若干違うのでしょうけど、同じような効果があるのかもしれません。
          これも、単純にやってみたい(笑)

          興味津々ですねー。
          嫁と相談してみようと思います。



          父ちゃんのピザトースト 〜超簡単。切って乗せて焼くだけ〜

          0

             今回も家メシの話を書こうと思います。
            最近は、土日は料理するようになってきました。ブログ始めた効果ですかね。
            レパートリーが少ないので、ちょっと増やそうと思ってクックパッドを覗いてみました。



            何となくボーっと眺めていたんです。
            レシピを検索するとかじゃなくて、簡単に作れて家族にモテる物って無いかなぁ、という感じで。
            お昼時だったのでサッとメニューを決めて作り始めたかったんです。
            妻が作り始めたらせっかく家族にモテるチャンスがなくなっちゃうので(笑)

            すると、妻が「パンがあるから焼こうか」的な言葉が飛んできました。
            おぉ! コレだ!! と思い出したのが、「ピザトースト」でした。
            ピザトーストは、ボクが中学生位の頃、両親が家に居ない土曜日などに妹と食べる昼食によく作っていたんです。
            中学生のボクが出来る位なので、作り方も超簡単です。
            思い出しながら作って家族に出したら、やっぱり「美味しい!」と喜ばれました。エヘヘ。

            と、いう事で今回は「父ちゃんの超簡単ピザトースト」の作り方を書きたいと思います。

            用意する食材(一人分)
            ・パン 1枚
            ・マーガリン(バター) 適量
            ・たまねぎ 1/4個
            ・ピーマン 1/2個
            ・ベーコン 適量(ハムとかソーセージとかでも良いです。ボクはサラミが一番好きです)
            ・ケチャップ 適量
            ・とろけるチーズ 1枚

            作り方
            1.具材を切る
              たまねぎとピーマンは薄切りにします。

              たまねぎは、頭と尻を落として縦に半分にしたら、
              断面を下にして上下に(頭側と尻側を分ける感じで)半分にします。
              その状態で、1ミリ厚位に薄く切っていきます。
              まぁ、厚みについてはあまり気にしすぎなくて良いと思います。多少辛くてもそれも「味」です。

              ピーマンは縦に半分に切ってワタと種を綺麗に取ります。水で洗うと良いです。
              で、やっぱりたまねぎと同じ用に1ミリ厚位に薄切りにします。
              高度なテクニックですが、ヘタの横辺りに包丁を入れて、ヘタをくり抜く感じでグルッと切り、
              ヘタを引き抜くと種が一緒についてきます。中を見ると種やワタが残っているので、
              指を入れてワタを出したり水で洗ったりします。
              すると、輪切りにしたときにまん丸になって綺麗に見えます。

              ベーコンも薄切りにします。今回は薄切りのパックがあったのでそれを利用しました。
              そして、適当な大きさに切り分けます。

              切った具材はこんな感じ。

            ピザ_食材


            2.パンにマーガリンを塗って具材とケチャップ、チーズを載せる
              下から、マーガリンを塗ったパン、たまねぎ、ピーマン、ベーコン、ケチャップ、チーズ、
              という順か、
              パン、ケチャップ、たまねぎ、ピーマン、ベーコン、チーズ、
              という順が良いと思います。

              ボクはケチャップをタップリ感じたいのでケチャップは上から2番目にしました。

              順番に、こんな感じです。

            ピザ_切って乗せるピザ_ケチャップ

            ピザ_焼く前


            3.焼く
              後は焼くだけです。オーブントースターで4〜5分という所ですかね。
              焼きすぎるとパンが焦げちゃいますのでご注意を。ボクはちょっと焦げてる方が好きです。

              完成したのは、こんな感じ。

            ピザ_完成

              子供用にパンを四分割しました。


            調理時間は全部込みで20分程度ですかね。包丁の使い方が上手くなればもうちょっと短くなるに違いありません。ただ切って乗せて焼くだけなので、ホントに超簡単です。
            コレでお腹が満たされて家族にモテるんですから、作らない手は無いですよ!


            父ちゃんのグラタン 〜具材と絡めて焼いたら出来上がり〜

            0

              仕事が忙しいと、なかなか家の事をやる気が起きませんよね?
              残業が多いと平日は遅いし、休みの日ぐらい休ませてくれ〜! というのが本音だと思います。
              ボクも割とそういう傾向があります。疲れている時はホントにいつまでもゴロゴロしていたいですしね。
              でも最近、休みの日に料理をするよう心がけていたのですが、意外な副産物がありました。
              それは、自発的に「晩飯作ろうか?」という気持ちになる、という事です。

              疲れているはずなのに、休みたいなーと思っているはずなのに、「あ、晩飯作るよー」となるんです。
              それはひとえに、家族が喜んでくれるからなんですよ。
              美味しい! また作ってね! という子供達の言葉は、何よりの発奮材料で、元気になります。
              お疲れのお父さん。家族の喜びの声を聞いてみませんか?
              少しは休みたいお母さん。お父さんをやる気にするには、不味くても「美味しい!」という事です(笑)

              さて、グラタンの作り方の続きです。
              ベシャメルソースが出来てしまえば、それほど苦労する事はありません。
              具材を炒めて、絡めて、チーズ乗せて焼く! コレだけですから。

              ○具材の材料
              ・たまねぎ 1.5個(中くらい)
              ・えび   1パック(剥きえびを推奨します)
              ・マカロニ 一袋+α(お好みで)

              ○作り方
              1.下ごしらえ(ここ、重要です。が、写真撮り忘れました……)
                たまねぎは皮を剥いて洗って、細切りに。
                皮を剥くときは、頭とお尻を先に切っちゃうと結構楽です。
                細切りにする時は、切ったお尻を下にして縦に半分に切ったあと、断面を下にして
                右か左から、細く切っていきます。大きさが不揃いになっても気にしません。
                それも「味」です。

                問題はえび! コレの下ごしらえはお父さんには難しいかもしれません。
                なので、出来れば剥きえびを用意したいです。
                殻付き・頭付きの場合は……奥さんに登場してもらいましょう(笑)
                教えてもらいつつ一緒にやれば、夫婦間の会話も増えて、より仲良くなれる事請け合いです。

              2.マカロニを茹でる
                鍋にタップリの水を入れてお湯を沸かします。
                沸騰したら塩を多めに入れます。
                コレは茹でている最中にマカロニ同士がくっ付いてしまうのを防止する為です。
                茹で時間はマカロニのパッケージに書いてあるのでキッチンタイマーを
                使うなどして計りましょう。
                大体、7〜9分位だと思います。

                茹でている場面はこんな感じです。

              ぐら_まかろに

                茹でつつ、1の具材を炒めます。

              3.たまねぎとえびを炒める
                たまねぎを先に入れてしばらく炒めます。シンナリした所でえびを投入。
                えびに火を通しながら、具材に味付けをします。
                基本、味はここでつける感じです。
                あとでベシャメルと合わせるので、濃い目というかガッツリ濃い味付けの方が
                良いと思います。

                炒めた感じはこうなります。

              ぐら_いためる

                マカロニの様子を観る事を忘れないで!
                鍋底にくっ付いたりするので、時々かき混ぜてください。

              4.マカロニ茹で終わる
                茹で時間一杯まで茹でたら、マカロニをザルにあけて水を切ります。
                結構バッサバッサやらないとちゃんと湯切りできないので、
                ラーメン屋さんになった気分で、湯きりします。

              5.具材をベシャメルに投入
                3で炒めた具材と4で茹で上がったマカロニを、ベシャメルソースに
                豪快に投入します。
                そして、具材とソースをよく絡めます。

                絡めると、こんな感じになります。

              ぐら_あえる

              6.器に入れる
                具とソースのバランスを見ながら、5で絡めた物を器に盛ります。
                ソース多目だとジューシーで美味しくなります。

                ここでひとつポイント。
                器の底と側面にバター(マーガリン)を薄く塗っておくと焦げ付き防止になります。

                具を入れたら、上にとろけるチーズを乗せ、粉チーズを撒き、パン粉を振ります。
                最後に器を上から見た時に中央に来るようにバター(マーガリン)を
                ひと欠け乗せます。

                こんな感じ。

              やくまえ

              7.焼く
                いよいよ最後です。
                あとは、オーブンレンジで焼くだけ。
                電子レンジでも出来るんですかね? ボクはやった事無いですが。


                焼きあがると、こんな感じです。

              やけた

              コレが、オーブンから出した瞬間は器の端っこの方がグツグツいってて美味そうなんですよ!
              チーズのとろけ加減とか、表面の焦げ加減とか、何とも言えず食欲をそそります。
              でも、そこはお父さん。
              自分よりも家族を優先です。子供達には少し冷ました後で、妻にはアツアツの状態で
              提供します。
              すると、「オイシー!」「ゥンマイ! コレコレ!」という声が聞こえてきて
              ニンマリ出来ます。

              最後は自分の分を用意して食べます。
              コレが格別に美味いです。褒められて持ち上げられた味を味わうわけなので、最高ですよ。
              「父ちゃんって天才かもー」とちょっと自惚れたり出来ます。


              長くなりましたが、簡単なグラタンの作り方でした。
              お父さん的に難関になりそうなのは、えびの下ごしらえですかね。
              難しかったら奥さんにお願いしちゃって良いと思います。
              キッチンで会話すると、それはそれで以外とイイものですよ。

              また需要があれば……って誰も見て無いかも知れないですが、他のものも書こうと思います。


              父ちゃんのグラタン 〜ベシャメルソースの簡単な作り方〜

              0

                 家メシの話、第2弾です。

                最近は家事を分担する中で料理をする男性も増えてきていると思いますが、平日仕事に出ていると、ナカナカ料理をする機会ってありませんよね?
                それゆえに、お休みの日に料理を作ると子供達や奥さんに喜ばれませんか?
                我が家は100%喜ばれます。家族にモテます。
                料理の出来映えがどうこうというより、「父ちゃんが作ったご飯」というだけで子供達は嬉しいらしいですし、妻も楽が出来て嬉しい、という事みたいですね。
                ボクも簡単にモテて嬉しいのでみんな幸せです(笑)

                今回はグラタンを作りました。
                割と簡単に出来るので、前後編でグラタンの作り方、紹介します。

                ボクのグラタンは、実はちょっとだけ本格的です。
                ベシャメルソース(ホワイトソース)から作ります。
                本当に本格的な作り方をする場合は凄く手間隙かけるんだと思いますが、ボクの場合はお手軽に家族にモテたいので(笑) 大分簡単にしてあります。

                という事で、前編はベシャメルソース編です。

                ベシャメルソースのポイントは、バターと小麦粉の分量、それに混ぜ具合と火を消すタイミングです。
                この3点さえ間違えなければ大抵美味いベシャメルソースが出来ます。
                あ、カロリーとかは全く気にしていません。ヘルシーとはあまり言えないので、そこだけご容赦下さい。

                ○ベシャメルソース作りで用意するもの(7杯位作れます)
                ・バター 140g
                ・薄力粉 140g(小麦粉です)
                ・牛乳  6カップ(大体1リットルパック1本+αです)
                     ※料理を始める前に冷蔵庫から出しておいて、常温に近づけておいて下さい。

                バターと薄力粉はこんな感じになります。

                ぐら_こむぎこぐら_バター

                バターは雪印のバターだと一箱使っちゃうくらいの勢いです。


                ○作り方
                1.バターを鍋に入れて、弱火で溶かします。
                  塊で入れるとナカナカ解けないので、細かくブロックにして入れると良いです。
                  火加減はホントに弱火でお願いします。そうしないと焦げちゃって大変な事になります。
                  塊っぽいのが消えればOKです。

                ぐら_バターとかす

                2.火から外して小麦粉を投入します。
                  バターの海に粉を投入して混ぜます。
                  ここが一番のポイントで、粉はダフッと全部入れていいんですが、ダマにならないように
                  手早く混ぜる! コレが大事です。
                  粉を投入した瞬間から木ベラで切るようにザッザッと混ぜます。
                  白っぽい塊が見えたら、木ベラで粉砕します。そうやって、滑らかになるまで
                  エッホエッホと混ぜると、こんな感じになります。

                ぐら_こむぎこなじむ

                3.そのまま牛乳を何回かに分けて投入
                  火から外した状態で、牛乳を何回かに分けて入れます。
                  入れながら、かき混ぜる手は止めないで。かき混ぜながら牛乳を入れていきます。

                ぐら_ぎゅうにゅう

                4.再び火にかけて水分を飛ばす
                  牛乳を全部入れ終わったら、再び火にかけます。基本は弱火ですが、
                  時間が無いときは鍋の状態を確認しながら中火でやります。
                  ここでも手を止めずにずっとかき回し続けます。
                  火にかけることで水分が飛んでいくので、しばらくするとトロミが出てきます。
                  で、トロミが出て来たなぁーと思ったら中火の場合は弱火にします。
                  それで、このくらいのトロミになったら火を止めて完成です!

                ぐら_かんせい2

                  ※火を消すタイミングはとても大事です!
                   「コレで完璧」と思ってから火を消すと、余熱でトロミが強くなっちゃいます。


                と、いう事でベシャメルソースが完成しました。
                次はいよいよ具を作って完成まで持って行きたいと思います。


                休日の午後は家メシで。忙しいお父さんが作るとインパクト大!

                0

                   たまには家メシの話でも。
                  例えば休日の昼間、時間と気持ちに余裕があって、
                  家族に何かしてあげようかなぁ、でも、外に連れ出すのはちょっと……なんて思う事ありませんか?
                  そういう時に割とお手軽に出来て喜ばれるのが、夕食のおかずを一品作る事だったりします。

                  ボクはといえば、気持ちに余裕がある時に作る料理が3種類ほどあります。
                  カレー、肉じゃが、グラタン、の3種類。
                  カレーと肉じゃがは途中まで作り方がほぼ同じなので、実質2種類ですかね。
                  今日はその中から肉じゃがを作りました。

                  肉じゃがの作り方を超簡単に書いておきます。
                  基本、分量は適当です


                  1.じゃがいも、ニンジン、タマネギを切る!
                  2.肉を用意する!(切り落としとか薄切りで。塊だと厳しいです)
                    ※切り落としの場合は切らずに鍋に投入するときに千切ると良いかも。
                  3.野菜を鍋に入れる!
                  4.野菜が浸る位まで水を入れる!
                  5.鍋を火にかけながら、肉を広げながら入れる!(火は中火で)
                  6.煮ながら味を調える!
                    末のダシを適当に入れたら、砂糖:みりん:醤油=1:1:3 くらい?
                    甘いのが好みならみりんの割合を増やすと良いです。
                    基準になる大さじ小さじの単位で入れれば大体間違い無いです。
                  7.味見を決めたら意見を求める!
                    家族に意見を求めると良いです。美味しいと言ってもらえたら超嬉しいです。


                  今日はダシを強めにしてみたら、妻がもう少し濃い方がイイ、というので
                  醤油とみりんを同量ずつ足して味を濃くしてみました。


                  そして、今日の完成品はこちら↓↓↓


                  肉じゃが


                  我が家はそれぞれに盛り付けるので、小さめの器に盛り付けてあります。
                  全体的に茶色いので、グリンピースを載せたりすると見た目が締まるかなぁ。
                  今見たら、盛り付けはもうちょっと考えた方が良かったですね。
                  肉とジャガとかニンジンとかよく解らないですね。今度から気をつけます。


                  で、実際食してみたあとの家族の評判は上々でした!
                  みんな、ウマイウマイと言って食べてくれましたよ!
                  2歳の息子は「ウ〜〜〜ンメィコエ!」と言って喜んでくれました。

                  妻も娘も美味しいと言ってくれたので、とってもホッコリ、心が満たされました。

                  30代40代のお父さんで、家族と会話ないなーなんて思っている方、
                  子供達に見直されたいなぁ……なんて思っている方。
                  是非一度、家メシ一品作ろう! 大作戦をやってみては如何でしょうか。

                  と言っても、普段料理をしないお父さんだと、レシピを見たところで
                  何が書いてあるのかよく解らんし……と尻込みしちゃいますよね。
                  でも、まずは一品作ってみる事が大事です。
                  レシピが解らなかったら奥さんに聞けばいいんです。
                  聞けない状況なら、失敗を覚悟でやればいいんです。
                  一品作ったという実績は、家族に対しては結構なインパクトがあります。
                  美味しければ勿論、失敗作でも家族は何かホッコリするはずです。
                  是非。お試しアレ!


                   


                   


                   



                   


                  1

                  ブログ内検索

                  calendar

                  S M T W T F S
                        1
                  2345678
                  9101112131415
                  16171819202122
                  23242526272829
                  3031     
                  << July 2017 >>

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  • オリジン弁当を食べていたら異物発見。これって安全なのかね?
                    をいちゃん
                  • オリジン弁当を食べていたら異物発見。これって安全なのかね?
                    もも
                  • カラムーチョ にんにくマシマシ を食べた。辛ウマ。ガッツリ。
                    をいちゃん
                  • カラムーチョ にんにくマシマシ を食べた。辛ウマ。ガッツリ。
                    特技一覧
                  • 期間限定コアラのマーチ カスタードシュークリーム味を食べた
                    をいちゃん
                  • 期間限定コアラのマーチ カスタードシュークリーム味を食べた
                    株式

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  links

                  PR

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM