スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.01.07 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    冷え冷えコロン 塩バニラ を食べた。冷やしたらきっと美味い。

    0
      今日はコンビニではなく、スーパーで見つけました。
      グリコ 「冷え冷えコロン 塩バニラ」。
      これです↓↓↓

      冷えコロン_01

      公式サイトを探したのですが、プレスリリースしか見つかりませんでした。
      若干切ないですね。

      こういう商品が出てくると、そろそろ夏が忍び寄ってくるなぁ……と思います。
      ボク、夏と冬は若干苦手です。
      オデブーなボクにはこれ以上脱げないのに暑い夏は辛いし、
      着膨れで動きづらい上に電車に乗ると汗だくになる冬は切ないんです。

      そんな季節感が出始めるこのくらいの時期は、ブログのネタに困らなくて
      良いですね。それは嬉しいです。

      さて。そんな中、近所のスーパーで見つけてきた新しいコロンです。
      パッケージを見るともう、全体で「冷たいですよ!」と訴えています。
      氷にアイス。もう夏本番かってくらい強烈に冷たさをアピールしてきますね。

      パッケージの右上には「ひんやりと冷たいクリーム」と書いてあります。
      コロンの中のクリームが冷たいんですかね?
      売り場は普通のお菓子売り場で、常温で売られていました。
      ん? 常温で冷たいのか? と思ったら、
      左下の方には「冷やしてもおいしい!」と書いてあります。
      ん? やっぱり冷やして食べるから冷え冷えなのか?

      答えは裏にありました。
      ↓↓↓

      冷えコロン_02

      キシリトールを配合したクリームなんだそうです。
      キシリトールと言えば、ガムに配合されている、虫歯予防の成分だと
      思っていたのですが、ちょっとひんやりする成分も入ってるんですかね?
      確かに、キシリトール配合のガムってちょっとスーッとしますが、
      あれはミントなんだとばかり思っていました。
      ちょっと頭よくなっちゃいました(笑)

      で、早速開けてみました。
      いつもの通り内袋があるんだろうなぁ点……と思ったら、
      小袋でした。

      冷えコロン_03

      小さな袋が6つほど入っていましたよ。
      これは職場で食べるオヤツには嬉しいですね。
      ……でも、今日は家で開けたんですが。
      でも、子供たちは開けたら全部食べちゃうので、こういう小分けは
      家でも嬉しいかもしれませんね。


      そして、小袋を開けてみました。
      中身はこんな感じ。

      冷えコロン_04

      コロンが7粒入っていました。
      一粒食べてみましたよ。さぞひんやりするんだろう……と思いきや。
      あれ? そんなにひんやりしないなぁ……。んー。
      2粒食べてみました。おぉ。さっきよりはひんやりしている。
      最初の1個はそれほど感じませんが、2個目以降はひんやり感を
      感じる事が出来ました。
      と言っても、アイスを食べた時ほどひんやりはしませんが。

      バニラの味も効いていて美味しかったんですが、残念ながら
      塩の存在はあまり感じられませんでした。
      甘すぎなかったなぁ……という印象は受けたので、存在感は薄くても
      確かにそこに居たのかもしれません。

      夏場のオヤツとして。涼感を感じられるこのコロンはとてもいいと思います。



      カラムーチョ にんにくマシマシ を食べた。辛ウマ。ガッツリ。

      0
        カラムーチョが好きなんです。
        ポテトチップ系のスナック菓子でカルビーのポテトチップス コンソメパンチの
        次に好きです。もちろんポテチコンソメは1番好きです。
        このカラムーチョ、ボクが小学生くらいの時に初登場で食べたんですが、
        その時は辛くて食べられませんでした。
        でも、中学校か高校くらいの頃ですかね。すっかり定番商品になってた
        カラムーチョを久々に食べたんです。
        そしたらですねぇ、美味かったんですね。コレが。
        それから時々食べるようになったんですが、いつしか近所のお店で売っていない
        事が多くなって、食べる機会が激減しました。

        ところが、3年くらい前ですかねぇ。
        コンビニで見つけたんですよ。その時はファミリーマートでした。
        久々に食べたら美味かったんですよ。ホントに美味かったんです。
        それから、大体1か月に1回くらいのペースで会社でのオヤツに
        買うようになりました。

        そんなカラムーチョですが、今回はセブンイレブンで新商品を見つけました。
        「カラムーチョ にんにくマシマシ」。コレです。

        ムーチョ_01

        にんにくがマシマシですよ。元気になれそうです。
        というか、「マシマシ」って一般的な言葉なんですかね?
        かの有名な「ラーメン二郎」でだけ通用する言葉だと思っていました。
        ボクは二郎が若干苦手というか……なので、二郎用語が一般に浸食してくると
        ちょっと切ない気がします。

        ともあれ、カラムーチョですよ。
        裏を見ると、こんな感じでした。

        ムーチョ_02

        「においを気にせず」なんて書いてあるくらいなので、相当臭うのかなぁと
        思っていました。でも、湖池屋さんの言う通り気にせず食べる事にしました。

        で、開封してちょっと出してみました。

        ムーチョ_03

        開封直後、フワッとニンニクの香りが立ち上りました。
        相当エキス出てますよ。食欲をそそります。期待度アップ。

        で、カラムーチョの何が好きって、ボクはこのポテトのカットの仕方です。
        薄切りのポテトチップを揚げたのもも良いんですが、この細切りはボクの中で
        最高のカットの仕方です。
        口に入れて、ザクザク噛んだ時の食感は、薄切りの比ではないんです。
        カラムーチョも、細切りタイプと薄切りタイプがありますが、
        薄切りタイプはボクの中のスナック菓子ランキングでは上位ではありません。
        それくらい重要な要素です。このカットの仕方。
        このカットが最強です。間違いない。
        カルビーさんもこの切り方のヤツ作ればいいのに。

        で、食べましたよ。
        やっぱり辛ウマでした。カラムーチョはやっぱりカラムーチョですね。
        ニンニクを感じるより先に辛さを感じました。
        ザクザクと噛んでいると、鼻に抜ける香りがニンニクでした。
        美味ーい。それだけで元気になったような気がしました。
        食べ進めていくうちに1本1本をよく見てみたんですが、ニンニクのフレーバーを
        まぶしているのかと思いきや、細かくして揚げたニンニクと思われる
        小さな粒? がありました。にんにくマシマシってのはコレの事ですかね。

        昼過ぎのオヤツに食べたのですが、ボク自身は臭いは気になりませんでした。
        あくまで、ボク自身は、ですが(笑)
        食べた本人は気になりませんので、カラムーチョファンは是非一度
        お試しください。


        湖池屋 スティックカラムーチョ にんにくマシマシホットチリ味(100g)

        価格: 198円
        (2013/05/16 23:47時点 )

        感想:0件




        グリコ アーモンドピーク 塩バニラ を食べた。氷糖蜜仕立て。

        0
          5月も半ばとなったのに、コンビニの新商品お菓子は抹茶が主流です。
          猫も杓子も抹茶という風潮にちょっと食傷気味です。
          時期的な物なんでしょうね。冬はイチゴ一色になっていた記憶もありますし。

          そんな中、今日は抹茶じゃない新商品を見つけました。
          棚に見つけた時は、輝いて見えました。緑色の空に輝く星、という感じでした。
          丁度棚の中段にあって、青っぽいパッケージもあって目立っていました。

          それがコレ↓↓↓

          アーモンド_01

          グリコ アーモンドピーク 塩バニラ味 です。
          公式サイトがあるのかと思いきや、グリコのページでは見つけられませんでした。
          検索しても出てこないし、新商品なのにグリコさんはPRに力入れないんですかね?
          別に広告を入れなくても売れるという自信の表れでしょうか。

          まずはパッケージですが、ご覧のとおり全体的に青っぽい所にゴールドのライン。
          何となくこれから来る夏をイメージしますね。チョコレートの白も映えています。
          気になるのは、「氷糖蜜」の文字ですよね。
          「氷糖蜜」っていったい何!?
          その答えはパッケージの裏にありました。

          アーモンド_02

          氷砂糖を作った時のあまり、みたいな表記ですが、wikiでちょっと調べてみると、
          「サトウキビなどの原料糖から不純物を取り除いた液体」で、
          「氷砂糖を作るときに用いる糖度の高い物」が、「氷糖蜜」なんだそうです。
          純度の高い糖、って事でしょうか。

          開封してみました。

          アーモンド_03

          3個×4列の12個入り。この容器が何というかオシャレでした。
          一つ一つが摘まみやすいように、容器が斜めになってるんです。
          ピックアップしやすい、よく考えられた容器だなぁと。
          こういうお菓子でそこまで考えてるのってちょっと珍しいと思いました。

          で、本体の話ですが、ホワイトチョコに包まれたアーモンドが見えるという
          このビジュアルは、これだけで演出ですよね。
          素直に猗味そうだなぁ”と思いました。

          一粒取り出してみました。

          アーモンド_04

          上部の模様もアーモンド。薄らチョコの奥のアーモンドが見える。
          やっぱり演出ですね。コレ。凄いなぁ。

          そして、食べてみました。
          いやぁ。ちょっと驚きました。味がですね、単純にホワイトチョコじゃないんです。
          ホワイトチョコのつもりで食べると、強く違和感を感じると思います。
          口の中に広がるのは、爐△痢疋曠錺ぅ肇船腑海量わいではなく、
          どちらかというと「氷砂糖」に近い甘さです。
          ホワイトチョコというと正直ちょっとしつこいなぁと感じる事もあると思うんですが、
          これは割とあっさり目でしつこさを感じない甘さでした。
          これは「氷糖蜜」が仕事してるんでしょうね。
          看板に偽りなし。さすがです。

          驚きのある新商品って、出会うとすごくうれしくなります。
          これは間違いなく、そんな喜びをもたらしてくれました。

          なぜか今のところグリコのサイトにも楽天にも情報がないという不思議な商品ですが、
          お店で見かけたらぜひお試しください。




          きのこの山 抹茶ミルク味を食べた。ミルク感と抹茶感がすごい。

          0
            抹茶系のお菓子が沢山ありすぎて、ちょっと取り上げるのをためらっていました。
            なぜと言えば、抹茶のお菓子って味は抹茶じゃないですか。基本的に。
            お菓子メーカーごとの抹茶感の違いを語るとしても、やっぱり抹茶は抹茶じゃないですか。
            そんな訳で、抹茶系のお菓子はいくら「新商品」でも避けてきたんです。
            コンビニの棚は緑色に染まっていましたけどね。つい最近まで。

            でも、先日大粒のベルガモットミルクティー味を取り上げた事もあって、
            きのこの山の抹茶味が気になっちゃいました。
            定番のきのこの山の隣にあったのですが、パっと目につきました。
            抹茶かぁ……というためらいはあったものの、気になっちゃったのは仕方ないので、
            今回は買ってきました。

            さてさて。いつものようにパッケージからです。
            こんな感じ↓↓↓

            きのこ抹茶_01

            全体的に薄い緑色のパッケージは、抹茶系のお菓子には珍しいですね。
            大抵濃い緑色で抹茶を主張するのですが。
            「抹茶ミルク」だからですかね。この見た目は他と違う感じがして良いです。
            真ん中の写真は抹茶ミルク……コーヒーショップの抹茶ラテを思い浮かべましたが、
            ラテってミルクの事なので正しいんですね。
            ちょっとだけ違和感ありました。

            裏はこんな感じです。箱をつぶした後で思い出して撮影したのでちょっとアレですが。

            きのこ抹茶_02

            最近のきのこの山は2層になってるんですかね。
            抹茶部分とミルク部分の2層。ベルガモットミルクティーはかなりミルクティー感
            あふれる仕上がりだったので、2層にする事でフレーバーが際立つとか、
            そういう秘訣があるのかもしれません。

            で、パッケージ開けてみました。

            きのこ抹茶_03

            内袋があってちょっと驚きました。
            ボクが知っていた定番のきのこの山って、パッケージを開けたら直接入ってたんですよ。
            外箱の内側が何というかコーティングされていて、そこにざらっと入っていたんです。
            最近はどのお菓子も内袋があるんですね。
            何と言うか、ボク個人的にはちょっと切ない感じでした。
            このサイズのきのこの山って最後はいつ食べたんだろう……遠い記憶です。

            で、内袋の中にはあふれんばかりのきのこたちですよ。
            思ったより沢山入っていてちょっとビックリしました。結構ボリューミーです。

            取り出してみました。

            きのこ抹茶_04

            写真の通り2層になってるんですが、なんというかちょっと不恰好な形の物が多いです。
            きのこの笠の部分が、若干とろけてるんです(笑)
            その不恰好さが、何となく愛おしいというか、カワイイ感じでした。

            早速食べてみました。
            抹茶の香りがフワッとするんですが、抹茶より強いのがミルクでした。
            口の中に入れたときに最初に抹茶が来て、ミルクがそこから溢れてくる、みたいな。
            ミルクが最後に残って、これは美味いですよ。
            軸の部分のクラッカーもサックサクで食感もとても良いです。
            結構数が多かったですが、あっという間に全部食べちゃいました。

            抹茶というよりミルクという感じでしたが、美味しさはやっぱり安心の「きのこの山」でした。












            (値引中)【5月7日発売】明治 きのこの山抹茶ミルク 66g×10個 【明治】【スナック菓子】【常温-】



            価格:
            1,890円


            (2013/05/13 00:19時点 )


            感想:0件








            ロッテ for IDEA を食べた。90秒で気分が変わるチョコレート!?

            0
              ボクは会社では基本的にデスクワークをしています。
              机に座って1日中誰かに見せるための資料を作っていたりします。
              基本、一人で仕事をしているので時々……いや、よく煮詰まるんです。
              一人でデスクで悶々としている事がよくあって、周りから心配される事も多いです。

              ボクが会社でオヤツを食べる主な理由は、煮詰まった状態でカリカリしているのを
              お菓子の力で和らげたいという物です。
              でも、コレがなかなか上手くいかないんですよ。
              仕事で煮詰まっていると煮詰まった原因が頭から離れなくて、お菓子を食べて
              幸せな気分になったとしても、絶対仕事が頭から出ていかないんです。
              結果、カリカリした状態はお菓子を食べた後も継続するという悲しさが残ります。

              そんな中。
              コンビニ店内を歩いていて見つけたPOPに凄い文言を発見しました。
              「90秒で気分が変わる!」
              見ると、スタイリッシュな箱に入ったチョコレートが2種類並んでいました。
              パッケージの外包装のビニールにも「90」の文字。
              やった! と思いましたね。仕事中のボクにピッタリじゃないですか。
              チョコレートを食べるだけで、しかも90秒で気分が変わるなんて素晴らしい。

              早速買いましたよ。もちろん。
              で、会社に戻って早速開封です。

              パッケージはこんな感じ。
              ↓↓↓

              イデア_01

              緑の方が「ハイビターエスプレッソ」。赤い方が「アップルティー」です。
              ね。スタイリッシュでしょ?
              スーツの内ポケットからシュッと出したらかっこ良さそうですよね。
              ……まぁ、ボクはスーツを着る仕事ではないんですが。

              パッケージを開けてみました。
              ↓↓↓

              イデア_03

              これ、ちょっとびっくりしました。
              箱を開けてチョコレートを取り出そうとして金の個包装の部分をつかんで
              引っ張ったんですが、抜けないんですよ。固くて。
              結構力を入れて引っ張ったら、上の写真のように、金の包装紙が持ち手になって
              チョコがむき出しで現れました。
              箱の中を覗きこむと、個包装の紙が箱にくっついていて、スッと取り出したら
              すぐに食べられるようになっている工夫でした。
              わぉ! スタイリッシュ!!

              驚きつつ感心しつつ早速食べてみます。エスプレッソの方ですね。
              食べると、結構チョコ感濃いなぁ、と思いました。
              で、一本食べきりました。ボクのペースなので、30秒くらいでしょうかね。
              気分が変わったか、というと……微妙。

              次はアップルティーの方を食べてみました。
              すると、アップルティーの味が口に広がりました。断面はこんな感じ。

              イデア_02

              しっかりアップルティー味のチョコが見て取れます。
              で、食べ進めます。今度はちょっとゆっくり目に食べました。
              食べ進めていくと……アップルティー感が薄くなってきてチョコ満点に
              なってきました。
              見ると、アップルティー味のチョコはもうなくて、全体がミルクチョコ。
              おぉー。食べ進めると味が変わりました。

              コレが「気分が変わる」の正体だったようです。
              味の違うチョコレートが半分ずつ中に入っていて、食べ進んでいくと
              食べ始めの時と味が変わって、食べている気分も変わる、と。
              確かに、アップルティーの方は味の変化を感じられました。
              結構新しいと思いましたね。

              でも、ですよ。
              仕事で煮詰まってカリカリしていたボクの気分は変わることがありませんでした。
              自分で解決するしかなさそうですね……

              でも、この味の変化は体験すると面白いと思います。
              欲を言うなら、味の変化は逆が良かったなぁ……と思いましたが。
              興味のある方は是非!








              ロッテ4本 for IDEA(アップルティー)10箱入 [チョコレート]【RCP】



              価格:
              882円


              (2013/05/08 23:46時点 )


              感想:0件









              きのこの山 ベルガモットミルクティー味 を食べた。香りがすごい。

              0
                発売はちょっと前なのですが、コンビニでお菓子探索をしていて発見しましたよ。
                「きのこの山 ベルガモットミルクティー味」です。

                きのこの山シリーズの公式サイトはこちら↓↓↓

                きのこの山とたけのこの里といえば、定番中の定番です。
                ボクの子供の頃からある、とても馴染み深いお菓子なのですが、
                ちゃんと新商品も開発されているんですね。
                定番であることに胡坐をかかない姿勢には感服します。

                さて、その新しいきのこの山ですが、いつもの如くパッケージはこんな感じです。

                きのこ_01

                何と言うか、優しい感じがします。
                ミルクティーの写真も優雅で、どこからか小さな音でクラシック音楽が
                聞こえてきそうな感じです。
                で、ボクが一番注目したのは右下です。
                「大粒」という表記。目立たないですが、これ大事ですよ。
                きのこの山というと、小指の第1関節くらいまでの大きさをイメージしますが、
                「大粒」となるとどんな感じなんでしょうね。わくわくします(笑)

                で、一応パッケージの裏はこんな感じ↓↓↓

                きのこ_02

                チョコレートは二層になっていて、香りと優しい味わいをお楽しみください、
                と書いてあります。
                やっぱり優しい味わいなんですね。
                パッケージから「優しさ感」があふれていて、商品のイメージを
                凄く上手く表現できていると思います。

                そして、開けてみるとこんな感じです。

                きのこ_03

                ほほーう。箱いっぱいに詰まっていますよ!
                ボクが慣れ親しんでいるきのこの山は箱に直接入っているのですが、
                こちらは個包装。大粒だからですかね。

                で、個包装の袋から出してみました。
                デカイ! デカいですよ!!
                大きさを比べるのはいつものようにボールペン。

                きのこ_05

                ね。デカいですよ。親指の第1関節くらいありますかね。
                見た目のインパクトは凄いですね。
                ボクはこの大きさの物は初めて見たのですが、他にも結構あるんですかね?
                そして、食べてみました。
                コレがですね、びっくりしましたよ。
                口に入れて噛むと、ミルクティーの香りがふわぁっと口の中に広がります。
                ミルクティー独特の、どこか高貴な感じというのか、優雅な感じというのか、
                そういったものが、食べた時に自分の周りの空気になるというのか、
                上手く表現できないですが……
                とにかく、ミルクティーを飲んでいる優雅な時間がそこに現れるんです。
                このミルクティーのフレーバーはまさに「完璧」でした。

                箱の中身を全部食べると、ミルクティーが若干しつこく感じられるので、
                オヤツに数個摘まむ程度が丁度いいと思います。
                幸い個包装ですし、数日間に分けて食べてもいいですしね。

                仕事の途中、一息つきたい時とかにはとてもいいかもしれません。
                何せ、食べるだけで優雅な時間がそこに現れるのですからね(笑)

                ぜひ一度、お試しあれ!










                meiji きのこの山 ベルガモットミルクティー味



                価格:
                149円


                (2013/05/07 23:56時点 )


                感想:0件







                ガルボキューブ まろやかミルクを食べた。浸み浸みチョコ

                0
                  今日は明治のガルボを見つけました。
                  細長くて四角いパッケージの前に「新発売」のPOP。
                  ホントにこの手の新商品って毎日見かけますね。
                  ネタに困らないのはとてもありがたいですが。

                  ガルボというと、薄くて平べったいパッケージのイメージがありましたが、
                  こいつは細長くて四角くて厚みのあるパッケージでした。
                  そのパッケージはこんな感じ↓↓↓

                  ガルボキューブ3

                  ちょっと角度つき過ぎですかね。
                  狭いデスクの上で撮っているのでいろいろ入らないように気を使うとこんな感じに
                  なっちゃいます。もうちょっと気を付けないとイカンですね。

                  パッケージの「カリッじゅわ〜食感」が気になります。

                  裏を見るとこんな感じ↓↓↓

                  ガルボキューブ2

                  チョコがガルボにしみ込んでますね。浸みこんで、あふれてますよ。
                  写真だけ見ると、「あふれるチョコ感!」みたいな感じですが、
                  パッケージの文言は「不思議食感」を推してます。
                  食感かぁ……食感よりも、たっぷりしみ込んだチョコレートを推す方が
                  正しい気がしますよね。この写真だと。
                  そうかぁ食感かぁ。

                  で、早速開けてみました。

                  ガルボキューブ1

                  ここで、ですよ。この手の内袋、すごく開け辛いと常々思っていたのですが、
                  この内袋は抜群に開けやすかったです。
                  片側を摘まんでピリッと開けるとするする〜っと反対側に穴が開いていって、
                  また元の位置に戻ってくる感じで丸く穴が開きました。
                  これは凄い。どのメーカーもこのパッケージを見習うべきだと思いますよ。マジで。

                  で、肝心の中身ですよ。
                  1センチ角くらいの立方体のお菓子が沢山入っていました。
                  焼き菓子の「す」の部分にたっぷりチョコがしみ込んでます。
                  アップで映したのがコレ。

                  ガルボキューブ4

                  チョコがあふれてる感じしませんか?
                  やっぱり、推すなら「あふれるチョコ感」な気がするんですよねぇ。
                  そもそも通常のガルボが同じ手法でやっているからチョコがしみ込んでいる感じを
                  推すのはやめたのかもしれないですね。もったいないと思います。

                  で、食べてみました。
                  「じゅわ」が凄い事になってました。
                  チョコがたっぷり浸みこんでいて、噛むほどにチョコがあふれてきます。
                  噛んだ時の歯ざわりはザクザクという感じ。
                  ザクザク、じゅわーが口の中で繰り返されます。うん。これは確かに不思議。
                  とても美味しかったですよ。

                  ただ、一つ難点を言うと、食べようと一粒摘まむと、手の体温でチョコレートが
                  溶けてしまうんです。チョコをたっぷり浸みこませた副作用なのでしょうが、
                  一粒食べるたびに指を舐めるという、若干お行儀が悪い食べ方になっちゃうのは
                  もうちょっと何とかならないかと思いました。
                  女性はちょっと恥ずかしいんじゃないですかねぇ。

                  ともあれ、大変おいしゅうございましたよ!


                  (値引中)【4月9日発売】明治 ガルボキューブ まろやかミルク 56g×10個 【明治】【スナック菓子】【常温-】

                  価格: 1,418円
                  (2013/04/18 23:49時点 )

                  感想:0件




                  キットカット グランウェファー を食べた。オヤツにはちょうど良い。

                  0




                    食べてからちょっと時間が経ってしまいましたが、またも新しいお菓子を見つけました。
                    キットカット グランウェファー です。
                    ネスレの商品ページはこちら↓↓↓

                    キットカットと言えば、お菓子の定番ですよね。
                    子供の頃からあった気がします。受験の時期になると「きっと勝つと」の語呂合わせで
                    話題になったりしました。
                    ボクにとってキットカットは「楽しいお菓子」ですね。
                    2つセットになってて、袋を開ける前にパキッて割るのが好きなんです。
                    袋の上から、あの二筋の四角くてちょっと固いのを触ると、わくわくします。
                    パキッって割ると、さらにわくわくします。
                    で、袋を開けて美味しく頂きます。
                    外側のちょっと厚めのチョコレートと、中のウェハースの食感が良い感じで
                    満足感を演出してくれます。

                    そんな印象のキットカットですが、コンビニでも目立つ大き目の箱を見かけて、
                    ちょっと驚きました。何となく、ちゃんと棚に収まっていない気がする……。
                    それもそのはずですよ。

                    コレがパッケージなんですが

                    グランウェファー1

                    これを横から見ると……

                    グランウェファー2

                    こんな感じ。
                    あら。インスタントコーヒーがついてますよ! これはネスレの憎い演出ですね。
                    公式の商品ページによれば、「コーヒータイムに最適」という事なので、
                    コーヒーとともにお召し上がり下さい、という事なんでしょうね。憎い!!

                    でも、ボクはコーヒーが苦手なのでキットカットだけ頂きました。
                    すみません。ネスレさん。

                    という訳で買ってきて早速パッケージを開けてみました。
                    そしたら、こうなってました。

                    グランウェファー3

                    寄り過ぎ。箱、半分の大きさで良かったんじゃないですかね?(笑)
                    そして一つを取り出しました。が。ここで衝撃が。

                    これ、割るやつじゃないーい! 割るやつじゃないー!

                    グランウェファー4

                    一つ一つがパッケージされています。
                    最近は割る楽しみのあるヤツって少ないみたいですね。キットカット。
                    ちょっと残念でした。

                    そんな衝撃を心の奥にしまいつつ、個包装の袋を開けてみました。

                    グランウェファー5

                    知っているキットカットの姿とは違っていました。
                    キットカットは見た目はチョコレートのバーですが、これはチョコがしみたウェハース。
                    キットカットにもいろんな種類が出てきているんだなぁとちょっと違和感を持ちつつ
                    食べてみることにしました。

                    5層のウェハースにはココアの味がついているらしくて、きっと濃厚な感じに
                    なるんだろうと思いつつ食べました。

                    これサックリしてます。食べた感じは濃厚、というよりは軽いと感じました。
                    ココアの風味も結構効いていて、味はしっかりチョコレートという感じでした。
                    コーヒーと一緒に食べるとまた違った味わいになるんでしょうか。
                    何度も言いますがボクはコーヒー苦手なので飲みませんでしたが……
                    単体で食べてもとても美味しくて、一気にひと箱(9個)全部食べちゃいました。
                    ボクにとっては、この9個でオヤツとして丁度いい感じでした。

                    最近、チョコレートでサクッとした食感の物ばかり紹介している気がします。
                    今度、その辺比較してみようかなぁ。


                    ネスレ10個キットカットグランウェファー8入

                    価格:1,760円
                    (2013/4/14 23:32時点)
                    感想(1件)



                    ブルボン もちしょこら 抹茶チョコレート を食べた。モッチリ不思議。

                    0
                      今日も今日とてコンビニ探索をしました。
                      新商品というのはホントに後を絶ちませんね。
                      そこかしこに「NEW」とか「新商品」のラベルを見かけます。
                      このブログ的にはネタに困らなくて良いのですが、
                      何となく追いついて行かない気がしてムズムズします。

                      ボクが良くいくコンビニのうちの一軒は、
                      丁度ボクの目線の高さくらいまでしか棚がありません。
                      コンビニで見上げる事ってそれほど多くないと思いますが、
                      その店では見上げる必要がないんですね。
                      コンビニの戦略なのか、商品を見るのに顔を上下に振り向ける事がないのは、
                      商品選びに集中できるような気がします。

                      で、何が言いたいのかというと今日見つけた新商品は、丁度棚の一番上で、
                      特別にディスプレイされていたんです。
                      いかにも注目の新商品、という感じのディスプレイで、コンビニさんやるなー
                      という感じで手に取っていました。
                      それが、ブルボンの「もちしょこら 抹茶チョコレート」でした。

                      ところが。レジに持っていこうとその場を去ろうとした時に、足が止まりました。
                      ディスプレイの横、商品名が書かれたPOPの下に注意書きがあったんです。

                      「この商品はアルコールを使用しています。アルコールに弱い方などはご注意ください」

                      という感じでした。
                      アレ? こりゃボンボン系か? と思いました。
                      パッケージがコレなので↓↓↓

                      もちしょこら1

                      真ん中のトロリとした部分がアルコールの、大人のお菓子なのかと。
                      注意書きには未成年は買えませんというような記述はないし、
                      パッケージには「洋酒を使用しています」とはあっても、のどこにもアルコール分何%とは
                      書いてありません。
                      実はボンボンが苦手なボクは、ちょっと躊躇いましたが、ブログのネタのため! と
                      結局レジに持っていきました。

                      口コミないかなぁと思ってネットで検索すると、この「もちしょこら」は季節ごとに
                      新商品が出ているようで、以前の商品は普通に子供も食べている、という記述も
                      見られたので、大丈夫なんだろう、という事で家族で食べる事にしました。

                      パッケージを開けてみました。
                      4つ入りの小袋が2つ入っています。全部で8個。
                      内袋を開けると、コレがすっごいモッチリ感でした。

                      もちしょこら3

                      内袋に外側のもち部分がちょっとくっついて、にゅぅ〜っとはがれ辛かったんです。
                      何というか、もう見た目で美味そうな感じがプンプンします。

                      あ、パッケージの横に断面図が乗っていました。

                      もちしょこら2

                      アルコールなのか!? と疑ったのは抹茶ソースでしたね。
                      チョコレートの真ん中に抹茶ソース、一番外側がもち。なんとも「和」なチョコレートですね。

                      びっくりしたのは、一粒持った時です。
                      外側のもち部分が柔らかくて、中のチョコ部分が固いので、なんとも妙な感触でした。
                      柔らか固い、というか。面白い感覚。
                      外側のもちの柔らかさが際立って感じられて、期待感アップです。

                      割ってみました。

                      もちしょこら4

                      ちょっと見づらいですかね。
                      もち、チョコ、抹茶ソースが見えます。パッケージに嘘はありませんでした。当然ですが。

                      食べてみました。
                      もちのモッチリ感。その次にチョコレートのちょっと固くも柔らかい感触。
                      数回噛むと、抹茶ソースの香りが口の中で広がる。
                      なんとなんと。これは美味しいものです。
                      口の中ですごく調和されていました。チョコレートの和菓子。そんな感じ。
                      抹茶だからですかね。とても「和」を感じました。

                      さて、アルコール分はあまり? いや、ほとんど感じませんでした。
                      食べた当初は。
                      大丈夫そうだったので子供たちにも食べさせました。
                      その後で、ふんわりアルコールの存在らしきものを感じましたが、
                      アレは気のせいでしょう。きっと。

                      子供たちもうまうま〜と言ってペロリと食べちゃいました。
                      ちょっと不思議な感じのお菓子でしたが、次に新作が出たらまた買っちゃうと思います。コレ。

                      1個210円というのは若干高級ですが。


                      (値引中)【4月9日発売】ブルボン もちしょこら 抹茶チョコ 8コ×6個 【ブルボン】【スナック菓子】【常温】

                      価格:1,197円
                      (2013/4/13 00:29時点)
                      感想(0件)



                      サクッとほろっといい感じ。森永製菓ブロッキーを食べた。

                      0
                        最近はもう、コンビニ視察が日課みたいになっていまして。
                        真っ先にお菓子コーナーに行って、見慣れないお菓子はないか探すというのが
                        ホントに日課どころか1日に2〜3回やるようになっちゃいました。
                        このブログもなんだかお菓子の新製品を紹介するブログみたいになってきているので
                        他のネタも探さないとイカンですね。

                        そんな中。
                        ちょっと前のことになるんですが、チョコレート系の新作お菓子を食べました。
                        森永製菓の「BLOCKY(ブロッキー)」です。
                        パっと見、新商品という印象がなくて、結構見るなぁコレ……と思っていたのですが、
                        左上に「NEW」と書いてあるのに気づいちゃったので、これは食べなければ!
                        という事でご購入です。

                        パッケージの写真を見ると、ロッテのクランキーチョコの別バージョンなのかなぁと
                        思ったりしたんですが、メーカーは森永さんという事で、全く違うものだとわかりました。
                        というか、パッケージで違うのに気づけよ、という感じですが。

                        早速、そのパッケージ。

                        ブロッキー1

                        こんな感じ。
                        気になるのは「グランドシャクッキー」ですね。
                        これはいったいなんだ!? グランドシャ? それとも、グランド・シャクッキー?
                        知識のないボクにはよくワカランものでした。

                        こういう時って、大抵パッケージの裏を見ると書いてあったりするんですよ。

                        ブロッキー2

                        ……ないですね。
                        という事で、グランドシャクッキーの謎は解けないまま、レポは進みます。
                        まぁ、美味しければいいんです。美味しければ。

                        颯爽と開けてみました。

                        ブロッキー3

                        1センチ角くらいのチョコレートと小さな粒の集合体が出てきました。
                        この小さい粒がグランドシャクッキーですね。
                        チョコのコーティング具合がガッチリではなくて、見た目からもホロッとしそうなのが
                        分かります。
                        それより、この数ですよ。こういうお菓子って、袋の中身がちょっと少なく感じるんですが、
                        これは結構沢山入っていました。オヤツに一人で食べるのには十分すぎる量です。
                        女性だとちょっと多く感じるんじゃないでしょうか?

                        で、食べてみましたよ。
                        噛むと、サクッとした歯ごたえ。そして、口の中でほろっと小さな粒の塊がほどけます。
                        チョコレートの具合がちょうどいいんでしょうね。口の中で溶ける丁度いい調整というか。
                        で、よく考えたらこれって森永さんなんですよね。
                        板チョコと言えば森永! 森永さんにはそんな印象をもっていました。
                        だからですかね。この口の中の感覚はチョコレートが良い感じだからできるんだろうなぁと
                        思いました。
                        軽いサクサクした感じと口の中でのほどけ加減、そしてチョコのしっかりした美味しさ。
                        このお菓子は美味いです。

                        しかし、ボクが見つける新商品のお菓子って大抵チョコレート系なんですよね。
                        もうちょっと視野を広げていこうと思います。





                        ブログ内検索

                        calendar

                        S M T W T F S
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        << September 2017 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • オリジン弁当を食べていたら異物発見。これって安全なのかね?
                          をいちゃん
                        • オリジン弁当を食べていたら異物発見。これって安全なのかね?
                          もも
                        • カラムーチョ にんにくマシマシ を食べた。辛ウマ。ガッツリ。
                          をいちゃん
                        • カラムーチョ にんにくマシマシ を食べた。辛ウマ。ガッツリ。
                          特技一覧
                        • 期間限定コアラのマーチ カスタードシュークリーム味を食べた
                          をいちゃん
                        • 期間限定コアラのマーチ カスタードシュークリーム味を食べた
                          株式

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        links

                        PR

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM